花粉シーズンはもう始まっている!お手軽!花粉の対策方法をご紹介。

今年も花粉の季節が近づいてまいりました。
筆者は花粉歴20年のベテランですが、ピーク時になると鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、果ては頭痛に眠気と、正直言って仕事もままならなくなります・・・
なるべく症状を抑えて、楽しく春を過ごしたいものです。
そこで今回は、普段の生活の中で簡単にできる花粉の対策方法をまとめてみました!

〜床に落ちている花粉は朝一で拭き取る〜
夜中の間に空気中に舞っている花粉は落ちて床に積もります。
朝起きたら、まずウェットタイプのシートを使って床拭きし、再び舞わないようにしましょう。

〜朝は生姜ルイボスティーがお勧め!〜
生姜に含まれる「ショウガオール」という成分には、鼻水やくしゃみの原因になるヒスタミンを抑制する効果があります。
またルイボスティーには、花粉の症状を悪化させる活性酸素を抑える働きがあります。
すりおろした生姜をひとつまみルイボスティーに入れるだけのお手軽メニュー。
体も暖まり免疫力もアップ!

〜出勤前に静電気防止スプレー〜
空気中に飛散している花粉やハウスダストが、静電気で衣類に付着します。
お出かけの際は、静電気防止スプレーを使用する習慣を作りましょう。

〜お出かけ時はエントランスで花粉を落としておく〜
コートなどに付着している花粉は入口で落としてしまいましょう。
極力、花粉を室内に持ち込まない事が重要です。

〜晩御飯は玉ねぎ丸ごとスープがオススメ!〜
抗酸化物質が多く含まれ、免疫力を高める優秀すぎる野菜、玉ねぎ。
これを丸ごといただいてしまおうという欲張りな一品。
作り方はいたって簡単。炊飯ジャーに水とコンソメ顆粒、玉ねぎを丸ごと一個入れて炊くだけ。
旬の新玉ねぎを使って、トロトロスープを堪能してみてはいかがでしょうか。
〜入浴〜
体に付着した花粉を洗い流します。
また体を温める事で免疫力を高め、過剰なアレルギー反応を抑えて症状を緩和させる狙いもあります。
〜花粉シーズンは室内干しがオススメ〜
お洗濯ものも極力室内干ししましょう。
生乾きを防ぐためには、極力乾燥時間を短くする事が重要!
写真の通り、衣類の丈が長いものを外側、短いものを内側に配置しアーチを描くように配置します。
こうする事で空気が循環しやすくなります。
そして、除湿モードでエアコンを運転させます。
〜エアコンを空気清浄機がわりに〜
なお、花粉吸着シートをエアコンのフィルターに取り付ける事で空気清浄機に早変わり!
室内に飛び交う花粉をエアコンが取り除いてお部屋が綺麗な空気になります。
※フィルターを使用する前に、エアコンクリーニングがオススメ!
http://campaign.kajitaku.com/kahuntaisaku.html
いかがでしたでしょうか?
普段の生活習慣を少し変えるだけで出来る花粉対策方法。
花粉を体内に入れない様に物理的にシャットアウトする事も大事ですが、体をいたわって免疫機能を上げる事も同じくらい大事です。
筆者も体を冷やさないようにし、睡眠をしっかりとる事を心がけてから症状が軽くなりました。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
それではまた。

TOPに戻るTOPに戻る